大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


日本一のチームを作る 前日ハムファイターズ球団社長 藤井純一さんの話

投稿日時:2013/04/19(金) 15:29rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 



以前からあの弱かった 日本ハムファイターズがなぜ優勝するような強いチームに変身したのか?
疑問をかんじてました。

梨田さんが監督になったからか? なんでやろ!!という感じ 

今回 元日本ハムファイターズ球団社長の藤井純一氏が講演していただけるので
これは是非とも聞きたいと思い聴講した。

藤井さんは セレッソ大阪でも球団社長をされていた でもでも サッカーも野球もしたことのない人です。
これが また面白い 











職人の目線で 見せたる 見に来いという姿勢 でなくて
見に来ていただける野球への変身 

だれからお金もらってるねん???
とにかくファンサービスをすること ファンがあっての球団である。
次に選ぶ監督の条件もファンサービスのできる監督さんをという考え 

しれはビジョンを明確にして行かないと出てこない 






はじめは 46億円の赤字でも親会社が広告宣伝費で補填してくれていた。
だから みんな必死に黒字にしようとはしていなかった。
だから 自立した企業という雰囲気もなかった。

プロ野球の収入は
スポンサー収入
マーチャンダイジング
放映権
ファンクラブ
の4つである それぞれでどう稼いでいくか?にかかっている。

スターに頼らない集客力 成績に頼らない集客力が必要 





そこで大幅な改革に乗り出した。 
フロントという業務部門と野球の現場を完全に分離した。
フロント110名 
給料体系をかえて 成果主義を導入 





2005年のファンクラブが36000人だったのが 2011年 とうとう10万人になった。
ファンクラブの人の入場者率は35%もある 




とにかくイベントをしてお客さんに喜んでもらう 
どんどんイベントにチャレンジ 

特に人気のあったのが 婚活イベント 大好評だったとか。




御蔭で業績はどんどんよくなり 黒字になり 自立できてきた。
野球などしたこともない人が 見事球団を蘇らせた。
とにかくすごいマネジメントである。

ラグビーの世界も経験者ばかりがするのではなく このような実力のある人が
マネジメントして是非とも活性化して欲しいものです。

現在視聴率17% やればやるほど放映権を安くしている 
などなど
知恵のカタマリのような人(藤井純一さん)でした。












トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ