大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「原塾」36回目会合をしました。

投稿日時:2013/03/08(金) 17:31rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 



とうとう36回も続きました。 
昨日は 8名の参加でした。 

新規ビジネスへの挑戦者 2名の話が中心で けっこう苦戦されてましたが 
新規ビジネスはそう簡単にはいかないのが普通です。

できれば3年ぐらい粘る必要がありますが どう考えても明らかに赤字が累積して
勝ち目のないビジネスの場合 

いち早く撤退も必要です。ケースバイケースのなのでどうすればいいかの法則はないですね 

言えることは 自分の資金の余裕の範囲でことを起こさないと
本業までダメになってしまうという大変なことになりかねません。

中小企業の場合 
親父さんのパワーで現状の本業もなんとか運営できているところに
新規事業に手をつけると

本業がおろそかになり 新規事業も大変という厳しい状況に陥ることもありえます。
定時間は 本業 ほかの時間を新規ビジネスにという感覚か?

どなたか任せる人に任せて どちらかに集中するか? 
いろいろやり方はあると思います。 

失敗を恐れては 成功もないので チャレンジ自体はいいことだと思います。 

成功の確率を上げてチャレンジするという繊細さが必要ですね。
大概 詰めが甘い状態で 実行してしまうみたいで

考えが足らない(考える時間が少ない もっと長い時間考えたらと思う)ケースが多いですね
行動にはすごい出力をみんなするのですが 
考えるというのには どこまで努力をしているのか? が ポイントかも??


それをカバーする一つの方法は 
特定の人の前でやりたいビジネスを公開して 意見をもらう 
ありったけの質問を受けると 制度が上がる 客観的に自分が見える ビジネスが見えるはず

アイデアを盗まれることはないやろうけど 盗む人もいるかもしれません 
でも失敗の確率は 下がりますね 

だから勉強会に同業者を入れないことにしてます。 
そうしておけば スッポンポンに中身を言いやすいハズなんです。 















トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ