大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


八尾高PTA新聞「弧凌」

投稿日時:2013/01/09(水) 15:56rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

八尾高PTA新聞 「弧凌」というのがあります。
毎年12月に送られてきます。

PTA実行委員をしていて 八尾高会に所属している人が条件みたいですが 
八尾高のこの一年のいろんな行事が書かれてあります。

毎年ページ数が多くなりいい紙面になっているように思います。








大阪府が9学区制から4学区制に数年前に変わり 
クラブ入部率が90%以上あったのが 60%ぐらいになってきてます。
ラグビー部の部員数も2学年で15名集まらなくなってきております。

更に来年には学区廃止になると新聞に書いてありました。 
はたして八尾高はどうなるのでしょうか?

学校の特色をどうだしていくのか?今後さらに特徴出しが重要になってくると思われます。
校長在任期間2年や3年では
特徴出しまでできないのではないでしょうか? 

同じ校長10年ぐらいやっている高校もどこか実験で作ってみてはどうでしょうか? 
企業も特徴を打ち出していくのに10年ぐらい欲しいですから 







トラックバック一覧

コメント


府立高校の共通性というものがもとめられているので、管理職としての、校長・教頭が3年程度で変わっていく方針はなかなか変えにくいと思います。
大阪府立高校では平成18年度から新たに首席という役職を設けて、一般の教諭と教頭の間に位置する役割を負わせています。授業の持ち時間は半分程度になり、管理職的な業務を担当します。プレイングマネージャーですね。ただし身分的にはあくまでも管理職ではありません。
教諭が一つの高校に勤務する期間は最大でも10年程度なのですが、教諭から首席になるとこの期間がリセットされます。つまり教諭で10年在籍した後で、首席になるとさらに10年程度在籍することが可能です。ですから学校のことを詳しく知っている首席が中心となって改革を進めていくことは可能なのです。(転勤して2~3年で首席になるという場合もありますが・・・)
まだまだ、首席という制度が知られていませんし、うまく機能していない部分もあるのですが、プレイングマネージャーとして期待していただきたいと思います。

Posted by 石原 at 2013/01/10 08:39:17 PASS:

なるほど、よくわかりました。ありがとう御座います。
そうなると首席の方が中心になって改革して行く
しかも10年という時間をかけることができる
かなり成功の可能性が高い面白い役割ですね。

Posted by 原守男です at 2013/01/10 13:39:39 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(2399)


バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ