大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


名古屋工業会会誌「ごきそ」503号ブラジルの話

投稿日時:2021/09/27(月) 07:05rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

名古屋工業会会誌「ごきそ」503号
【ブラジルの話】西田悦太郎M46先輩のが印象的だったので 
まとめてみました。

ブラジル赴任15年 ブラジルトヨタ自動車勤務 

リオのカーニバルの話 
世界中から200万人 
パレード会場は700m
両脇に9万人のスタンド 
名誉と賞金を懸けて制限時間60-80分以内で得点を競う 
期間は4日間 
1チーム4000人 
優勝賞金5億円 
踊り狂う人を時間内に700m先のゴールを通過させる高度な管理と訓練が必要 


サンパウロ美観条例 
人口2165万人 
屋外広告一切禁止 そこまでするのかという具合にきびしい


選挙は義務
郵便投票 不在者投票は認められない 
投票日はアルコール禁止 
義務化した理由は 国民の政治への関心 選挙の有効性を高める 権利を奪わない 

人類初飛行は ブラジルではサントス・デュモン 世界ではライト兄弟 
歴史を変えられたとみているようです。

世界第3位の航空機メーカー「エンブラエル」という会社がブラジルにある 
ブラジル最難関校国立ITA航空技術工業大学があり
入試10788名で合格者110名なんと合格率1%ほど 

銃の販売禁止の国民投票があったらしい 2005年
販売差し止め賛成派がはじめはメディアも国民も80%賛成していたらしいですが 
いざ 世界初の国民投票をしたら 結局警察はあてにならない
自分を守るのは自分という事で 
反対派が64%で圧勝となり相変わらず銃は出回っていることになっている 

へぇ~という内容がいろいろ書いてあり 興味深かったですね。




貼るだけ簡単ウイルス対策シート 

SMILEKIDS

プラスチック加工問題解決工場

旭株式会社

庵心堂

生活便利雑貨店(楽天ショップ)

旭電機化成株式会社(主にスマイルキッズブランド)の紹介動画 



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(3150)


バックナンバー

<<  2021年12月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ