大きくする 標準 小さくする


上森先生(高校時代の恩師)追悼

投稿日時:2021/05/03(月) 06:34rss

こんにちはスマイルキッズ案内人の原守男です。

上森先生(高校時代の恩師)追悼について少し書いてみます。
府立八尾高校時代 (1975年ごろ)
私が2年・3年時、担任であり数学の教諭でもありました。
八尾校には18年間在籍 その後57歳で金光八尾高校に移動されました。

蝮の上森先生といわれるぐらい 鋭い突っ込みで僕たちに逃げる隙間を与えない
スピードで追い立てられました。

難しい数学の問題を黒板に書くや否や 
「はい出席番号18番答えてみ!!」という感じで毎授業一番に当たりました。

当たった瞬間頭が真っ白に 
年間20回以上は当たりましたか? 
先生の好きな番号がたまたま僕の番号だったんですね 
(先生は番号で当てる、後々先生に聞いたら番号でなく名前にしておけばよかったと反省されてました。)

ほとんど答えることができないので 
「しばらくたっとけ!!」
これの繰り返しでした。

この次は答えてやると思いながらもそれがなかなか答えることができない 
悔しかったのもあり 開き直りもありでした!!
でもだんだん度胸もついてきたのを覚えております。

また
学期終了毎に、通知表をクラスで配る時には 「お前の通知表は黒や赤やにぎやかな通知表やな!!」
と一言突っ込みを毎回いただいてました。
10分の10でしたから
(八尾校で10分の10というのは 
分母が全体を10で割り 分子の10は成績を前から並べていくと、第10番目のグループに入る成績)
つまりドンべのグループという意味です。

あまりにも突っ込みが鋭くあっているし その後の嫌味もそんなに感じなかってあっさりとしてました。 
怒られてはいたものの その通りという感じで心情的にはすっきりとしてました。

しかし
このままでは進学は 完全に無理か?と追い込まれてました。 
進学を決めなければいけない3年生の秋から冬にかけて 
先生から呼び出しがあり 
「進学どうするねん?」 
「当然受験して大学に行くつもりです」

「実は 原君に大学からスカウトが来てるで 
びっくりしたけど6~8校ほども来てる 
これも一つのチャンスかもしれんし 一度考えてみたらどうや?」
と大学でラグビーに挑戦したらいいと進められているように感じました。

「ほんまですか?」と自分の実力やったら 何とかやっていく自信はありましたので 
自分自身うれしくもあり その代わりに私学の練習についていく自信は全くありませんでした。
もうしごかれるのは かなわんと思ってました。 

結論が出ないので 
ところで先生 
「どうやって考えたらいいですか?」

先生は少し考えて 
「ベクトルを書いてみてたらどうや!」
なんでも数学理論でのやり取りがはじまり なるほどと思い 

家に帰りしばしベクトルをいろいろ書いてみました。

ベクトルの一つの大学ラグビー情報(事情)を当たってみることにしました。
ちょうど兄貴が関西学院大学でラグビー部に入っていて 
クラブの情報などを聞くと 
「私学でやるもんやないで!!」と相当関学でのラグビー部の厳しさをあれやこれやと教えてくれました。
当時関学ラグビー部は関西2部だったと思います。

2部でこれほどまでにきついのか? 
関西私立大学ラグビーのベクトルはマイナスベクトルやな 

しかも練習量内容に関しても 
八尾校ラグビー部の練習でもついていくのに必死やった自分だったので 
それ以上厳しい世界では やっていけないだろうと思われました。
これまたマイナスベクトル。

試合はいくらやっても嫌なことないでしたが 練習は普通以上はかなわないと思ってました。
 
しかしラグビーは大学でもやりたいし 
つまり練習のきつい大学には受験しないというベクトルに 

僕は関西の私学は一様 関関同立のどこかを受けて 
そこしか合格しなかったら 行く予定だったのですが 
 
どこも練習が厳しそう 
特に関大は死ぬほど走らされるという噂もあり 入学してもラグビー部は無理や 
と一つ一つ大学別に
受験学科とクラブに練習 厳しさ 上下関係 関西リーグ1部2部のポジション
と 色々調べていきましたが 

やっぱり スカウトに来てくださった関西の大学さんは 僕のベクトルとは 方向が違うという結論に
達しました。

他に慶応大学からもオファーがありました。
点数の補填はないけど八尾校やったら実力で入れるやろ!と
しかし 慶応の練習はさらに厳しいという噂

確かに そんなに有名でない選手を多く集めてきて
有名選手ぞろいの早稲田や明治と互角に戦うんやから 尋常やない練習なんやろな!
やっぱり慶応も僕のベクトルと方向が違う

結局
「上森先生 ベクトル書いたんですけど 方向が違うので断ってください。」
「よっしゃわかった 断っとくわ」とあっさり返事がありました。

数学の授業と違い 
進学に関しては 押しつけもなく対等に対応していただいた記憶があります。

結局12月から猛勉強したにもかかわらず
どこにも受からずに天王寺予備校にいくことになり 

1年浪人後 
私学はあの練習の厳しい関西大学しか合格しませんでした
絶対に入学したくないので 何とか国立2期校の受験に大学生活と人生をかけるしかないと
追い込まれてました。

人間必死になれば 火事場の馬鹿チカラがでるのか?
あまりにも幸運の女神が 舞い降り 
初日から 一つ目の英語の1番目の問題で、やった英語の長文が丸々出題され
一気に調子に乗りました。
 
親友の本田君の導きもあり お陰で
国立名古屋工業大学に合格できました。

振り返ると
当然 ベクトル調査から判断すると 関西大学はとてもいい大学なんですが 
練習の厳しさ他 ベクトルが少し違いすぎるのでラグビーはできない

なんとしても 
大学でラグビーをするなら
国立大学の試験1期校3月初旬と2期校20日頃の合格目指して
必死の全力をかけるしかないという状況に追い込まれた
のを今も鮮明に記憶しております。

結果的に、上森先生の指導はかなり自立した高校生扱いしてくださったように思いました。

同窓会で
59期の八尾校のPTA会長してたから少し挨拶をしてと
浜田委員長から ご指名がありあいさつした後
「10分の10でそこまでうまい話はできんやろ!!ホンマに10分の10かいな?
伸びしろがかなりあったんや ものすごい成長したな!」と褒めていただきました。

いっぱい卒業生がいるのによく覚えてくれているのは 大したもんやな 
いつもいつも感心させられる上森先生でした。
ご冥福お祈りします。
ベクトルご指導ありがとうございました。



ただ今
クラウドファンディングに挑戦中です。
充電式ミニブレンダー 
【URL】
https://camp-fire.jp/projects/view/416566


ご支援よろしくお願いいたします。

【掲載期間】4月15日~5月31日
【リターン発送】6月1日~6月15日(発送)
【一般発売】6月16日~

ご支援よろしくお願いします。



貼るだけ簡単ウイルス対策シート 

SMILEKIDS

プラスチック加工問題解決工場

旭株式会社

庵心堂

生活便利雑貨店(楽天ショップ)

旭電機化成株式会社(主にスマイルキッズブランド)の紹介動画 
 
 
 



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(3079)


バックナンバー

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ