大きくする 標準 小さくする


株式会社ニューラル 代表取締役CEO 夫馬賢治 氏のサステナビリティ企業の話

投稿日時:2021/04/28(水) 06:48rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

株式会社ニューラル 代表取締役CEO 夫馬賢治 氏のサステナビリティ企業の話

ニュー資本主義 
ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。
再エネ導入の遅れで日本の自動車業界も100万人のリスクをだかえている 

災害 気候変動 経済破綻のリスク 

脱炭素 カーボンニュートラルと投資家が騒いでいる 
対策なしで今のままで消費が進むと 4.1度から4.8度ほど気温上がる 

4度を超えると
保険が一切かけられなくなるといわれている
パリ協定では 1.5度がシナリオ 

127か国合意では 2.1度まで 

日本や米国の銀行は危機は気候変動から始まると言っている 

2008円が人口のピーク 
2100年には 明治維新の人口になる  

気候変動 ゴミ問題 水 人権 原材料の調達など 問題がいっぱいある 
投資家は 2006年(15年前)から動いている 
日本は12年遅れている 

再生プラ30% 森林破壊ゼロ 


日本は遅れを取り戻すためにこれから動きを加速していくことになると思われます。



ただ今
クラウドファンディングに挑戦中です。
充電式ミニブレンダー 
【URL】
https://camp-fire.jp/projects/view/416566


ご支援よろしくお願いいたします。

【掲載期間】4月15日~5月31日
【リターン発送】6月1日~6月15日(発送)
【一般発売】6月16日~

ご支援よろしくお願いします。



貼るだけ簡単ウイルス対策シート 

SMILEKIDS

プラスチック加工問題解決工場

旭株式会社

庵心堂

生活便利雑貨店(楽天ショップ)

旭電機化成株式会社(主にスマイルキッズブランド)の紹介動画 
 
 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(3014)


バックナンバー

<<  2021年7月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ