大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


東成ソケットのメンバーさんが当社に訪問されました。

投稿日時:2020/09/04(金) 07:00rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

東成ソケットのメンバーさんが当社に訪問されました。
いつも道理 紹介者は光製作所の井上社長さんです。

1.5時間ほど ショールームスマイルキッズ 懐中電灯博物館 秘密の部屋 
旭株式会社テストキッチンルーム(ルーチェ)など 見学していただきました。


東成ソケットの考え方や目標 

(東成ホームページから引用)

ひがしなりソケットとは

私たちは『ひがしなりソケット』をはじめます。

今、世界が持続可能な方向に大きく舵を切ろうとしています。
193の国と地域が目標とするSDGs(持続可能な開発目標)もそのひとつ。
CSR(企業の社会的責任)やCSV(共通価値の創造)に取り組む企業も増えています。

気候変動や経済格差の問題、急激な人口減少や超高齢化の不安など、
これまで誰も、どの国も経験したことのない様々な課題を前に、
私たちはどんな未来を願うのでしょうか。

ある人は、隣のおばあちゃんが安心して暮らせる未来を思うかもしれません。
ある企業は、道行く小学生が大きく夢を描ける未来を思うかもしれません。
望む未来のために、私たちはいま何ができるのか。
それが『ひがしなりソケット』で取り組むことです。

区民も企業もNPOも行政も、それぞれから見える景色は違っても、
願う未来に大きな違いはありません。 望む未来が一緒なら、立場を越えてつくればいい。

私たちの地域の未来を明るくする、
 そんなアイデアをみんなでカタチにしていく場。
それが『ひがしなりソケット』です。

9月24日 ZOOMにて 会合がありますので
とりあえず参加します。





ブースナンバーは 西2ホール 012-24

貼るだけ簡単ウイルス対策シート 
SMILEKIDS

プラスチック加工問題解決工場

旭株式会社

庵心堂

生活便利雑貨店(楽天ショップ)

旭電機化成株式会社(主にスマイルキッズブランド)の紹介動画 
 


 




 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ