大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「ブッダに学ぶ とらわれない生き方」薬師寺管主 山田法胤

投稿日時:2012/05/29(火) 10:58rss

こんにちは アイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

「ブッダに学ぶ とらわれない生き方」薬師寺管主 山田法胤さんの本です。 

先日講演を聴かせていただいたので ご縁もあり本を読んでみました。 



本文で 

苦行とは、燃える炎に水をかけているような物かもしれないと 

修行する人が 滝に打たれ足りしているのを見ると 偉いなと私は思うけど 

どうも、あそこから知恵というものはあまり出てこないんじゃないか?

お釈迦さんが 6年間も苦行を続けて

「汚れはとれていない、しかしこのまま苦行を続けたら 死んでしまうな」と

思われて 修行生活をすてて山を下りた。


ブッダの教えの3本柱 

第1 「いっさいが苦」 生きることはすべて苦しい 

第2 「諸行無常」 すべては変化して 永遠なものは何一つない 

第3 「諸法無我」 自分も自分以外のものも何一つ無い 


「自業自得」 

いいことでも悪いことでも「自分がやったことが 自分に得られるようになっている」

ただし 時間差はあるけれど (ここがポイントか??)

いずれにしても 善因は善果で 悪因は悪果 

だからやっぱり 良きことを一つでも多くやった方がいい

結果は気にしたって仕方がない。
 

これは 社会貢献につながる考え方になりますね 

40才 50才を超えてこういう本を読んで見ると じんわりと理解出来るようになりますね








トラックバック一覧

コメント


Maxis in addition to DiGi start off selling iPhone 4 within M'sia<br />By SHARIDAN E. ALI LEONG INSTALLED YEE コーチバッグ http://www.coachjapanforsale.com

Posted by コーチバッグ at 2013/04/26 03:17:19 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(3077)


バックナンバー

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ