大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


大武健一郎さんのお話

投稿日時:2019/06/18(火) 07:18rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

大武健一郎さんのお話がありました。

プロフィール
(1946年生まれ。ベトナム簿記普及推進協議会(ABPV)理事長。東京大学経済学部卒、大蔵省入省、主税局長などを経て、国税庁長官を務めた後、2005年に退職。以後、ベトナム等の簿記普及活動のボランティアに携わり、現在はABPV理事長の他、関西大学及びビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授。中央財経大学(北京)名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

聞いているうちに話に引き込まれました。
出生率 この20年1.5人を超えていない でも国は1.8人で何事も計算している
年金財政の計算も 
らしい

平成は高齢化の時代 
令和は人口減少の時代

日本は物価が安すぎる 
例えば ビックマック300円 東南アジアどこもあまり値段は変わらない 
しかし アメリカでは1000円 

旭川ラーメン 日本では 800円 アメリカでは2600円 

大阪の物価がまた安い 
かつ丼600円 東京 京都ではもっと高い 
だから 小売りは最賃ギリギリの給料となる 高く売り利益をだして
余裕を持たないと

外国人労働者を3Kだけで使ってはダメ 自動化するほうがいい 
外国人は基本的に安くはない 

それよりも今働いている人を育てる方が 大切 
少々頼りない人間でもしっかりと教育してください

米中激突の時代が始まっている 
IT 5Gで中国がアメリカをしのいでいる 

中国はアメリカの支配対策で シナ海をほしがっている 
シナを内海化したい 

金融で70年間米ドル中心の経済できたが 仮想通貨やスマホ決済で
中国が金融の覇権を握ろうとしている 

今後は山ほど外国人が日本に来る時代 
山形県大蔵村は 80%のお嫁さんが外国人 

いろいろ良くご存知です。 
当社も人材育成でしっかりと教育していくべきと感じました。

 

梅雨が近づいてきました
雨降りセンサーが必要な季節です。



SMILEKIDS

プラスチック加工問題解決工場

旭株式会社

庵心堂

生活便利雑貨店(楽天ショップ)

旭電機化成株式会社(主にスマイルキッズブランド)の紹介動画

 



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(2392)


バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ