大きくする 標準 小さくする
次ページ

2013年02月28日(木)更新

「社長のテスト」 山崎将志さんの本

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

熱血漢社労士の西村さんの推薦で

「社長のテスト」 山崎将志さんの コンサル風経済小説です。 

テレビドラマで言うと「エンゼルバンク」ドラゴン桜という面白い番組で 
再就職斡旋会社のがありましたが そんな感じです。


201302281306_1-300x0.jpg

主な内容は 経営マネジメントのおもしろさと難しさを解説している内容で 

具体的には パソコントラブルの再生サービス業と
自動販売機半額ビジネスを例にとって 
企業ドラマ化している内容です。

厚さ3センチの本ですが 以外にどんどん読める内容です。




kidz4.jpg


2013年02月27日(水)更新

拡大続ける東・東南アジア経済 阪南大学 関准教授の講演

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

昨日のオンリーワン研究会 2月例会は 
「拡大つづける東・東南アジア経済」という題目で阪南大学 准教授の関智宏先生の講演がありました。 


201302271210_1-300x0.jpg


201302271210_2.jpg


201302271210_3-300x0.jpg

リーマンショック以降 日本の地位がどんどん下がっている 
地位の解釈は 経済的力量という感じですね 


201302271210_4.jpg

逆にアジアの力(特にASEAN)の経済が EUよりも 米国よりも 上回りだしている 
かなりでかい経済圏を持つようになってきており 
今後も伸びが相当期待できる 

先生は 特にタイ経済に関して大変詳しいお話をされてました。 

タイは 相続税がないらしいです。 つまり金持ちは ズーッと金持ちという話です。



201302271210_5.jpg

3っつの視点【虫の目 鳥の目 魚の目】を持つこととかいう話があるらしく 最もだなと思いました。 

201302271210_6.jpg

では 中小企業が今後どうすればいいのか?というところに話が進むのですが 
先生曰く
上記のような準備が 必要ではないか?と指摘されてました。 

まずは動くことと解釈しました。 

いろんな統計資料を表示していただき 大まかに東南アジア特にタイに関して詳しくなったような気がします。
チャイナプラスワンへの動きは ASEANが鍵を握っている感じです。



201302271210_7-300x0.jpg

30名弱の方が参加されてました。 
場所は心斎橋の大成閣さんです。 (最近ここが増えてきました。)





kidz4.jpg


2013年02月26日(火)更新

本物そっくりの偽物のパン

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

先日のギフトショーで 本物そっくりの偽物のパン がありました。 


201302261543_1.jpg

柔らかさもそっくり お土産にと机の上に置いておいたら 
無残にも 切られていました.

しかも切った後 冷蔵庫にしまい込まれていました。

材質は ウレタン 
枕にしもて問題ない柔らかさ 肌触りです。 


201302261543_2-300x0.jpg

ここまで間違うぐらいの本物そっくりです。
感動するぐらいのそっくりでした。

何か新製品にこじつけできないか? 
応用できないか? 
今も考えてますけど 


kidz4.jpg







 

2013年02月25日(月)更新

製品安全対策優良企業の講演会

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

製品安全対策優良企業を経済産業省が表彰しておられ その企業さんの成果発表があった。
府の合同庁舎にて 


201302251750_1-300x0.jpg

品質とか安全とかついつい軽く考えてしまうのですが 一番重要なポイントです。
ラグビーで言うとディフェンスですね 


201302251750_2.jpg

1 安全な製品を作るための取り組み

2 製品を安全に使用してもらうための取り組み 

3 出荷後に安全上の問題が判明した際の取り組み

4 製品安全文化構築への取り組み 

実に理にかなった審査基準と思いました。


201302251750_3-300x0.jpg

150名ぐらいはこられてました。 


kidz4.jpg



2013年02月22日(金)更新

「聞く力」阿川佐和子さん

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

201302221723_1-300x0.jpg

「聞く力」 阿川佐和子さんの本ですが 70万部まで売れたとか 
単純に聞くということに関して多面的に分析して書かれていた。 

本人はインビューは大の苦手と書いてあるが 仕事が人を育てる
立場が人を育てるとよく言われるが まさにそうなっているみたいです。

本文の中には 
「この人に語りたい」と思うような聞き手になりたい。

あー楽しかった!!と終われるのがベスト いい言葉です。

質問をいくつも用意するのではなく 質問は一つだけ用意すること 何個も必要ない
質問用のメモも必要ない 
成り行きが一番いい 

「会話は生もの」
番組は「スタッフ全員で聴く」反応は大変重要 

「みんなが知っていそうで実はあんまり知られていない事」って世の中にいっぱいある
そういうことを聞く 

とか まさにデジタルで整理されて書かれている
わかりやすい本でもあった。 

自分の経験でも
スピーチ 講演など 半分以上話を考えていくと上手くいかない
半分以下の準備で
後はアドリブで アドリブが冴えるとすごくうまくいくというのが 僕の体験からの実感です。



kidz4.jpg


2013年02月20日(水)更新

2月20日の朝日新聞14Pに掲載されました。

こんにちは アイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

【2月20日
の朝日新聞 朝刊 14ページにでっかく掲載されました。

写真は私と経理課の内方女子です。
右下には 新製品の軽着火ライターと軽着火風防ライターです。

チャイルドロック機構の関係でライターのスイッチが固くなり 年配では付けにくくなりましたので
楽に着火できるグッズとして お役に立てればと考えました。 


201302201524_1.jpg

201302201524_2-300x0.jpg


朝会社に向かって歩いている時に 友人のM宅くんから朝日新聞載ってるで

メールが入り 早速コンビニに入りページをめくってました。 
こんなに大きなページに掲載されるとは
感激です。 


紙面には 
下請け100%のプラスチック部品業の会社が バブル崩壊後から自社商品を作り始めたという
話が書かれてあります。 
当時は 日に日に部品受注が減るのでどうなるかと心配な日々でした。 
仕事は受注が偏ったらダメというのが身をもって体験したのも
いい勉強になりました。 




kidz4.jpg



bennrizakka1.png



2013年02月19日(火)更新

2月2日 朝日新聞に掲載されました。

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

【2月2日の朝日新聞に掲載されました】 
なんこう塗りちゃんです。


201302191520_1.jpg

201302191520_2.jpg

201302191520_3.jpg


201302191520_4-300x0.jpg

 
201302191520_5-300x0.jpg

 

今回は 電話インタビュー形式での取材でした。 
全国版かもしれません いろんなところから連絡がありましたので 




kidz4.jpg



2013年02月18日(月)更新

【32年前、学生時代の下宿さつき荘 同窓会】がありました。

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

32年前、学生時代の下宿さつき荘 同窓会】が何年も前から
しようとは言いながら やっとのことで第1回目がありました。


2月10日 大阪駅前のヒルトンホテル(3階中国料理 王朝)で 【さつき荘同窓会】をした。 
参加メンバーは5名 
その下宿は 一軒の家を改造してある作りで 
各部屋に鍵が付いているという感じの建物 
 
共同トイレ 共同炊事場 共同洗濯機 お風呂は近所の外湯(東湯)
そんなレイアウトなので 住民が家族同様に仲良くないと生活できない
だから
比較的家賃が安い(僕の住んでいた部屋で7畳 12000円+光熱費) 
大卒の初任給が12~13万円の時代 
 
結婚式とかたまに個々に合うとかはあったけど 全員集合はなんと32年ぶり
 
昔の写真がのこっていたので 数枚貼り付けます。
場所は 名古屋市昭和区吹上ホールので裏側の住宅街 
名古屋工業大学まで歩いて3分ほどのところ


201302181858_1-300x0.jpg

201302181858_2-300x0.jpg

201302181858_3-300x0.jpg


毎晩遅くまで騒いでいましたが 次の日になると元気盛り盛りの時代でした。
バックがそのさつき荘です。

隣の家が大家さんの御宅です。
僕の場合 大家さんの息子さんの家庭教師を引き受けることになり 
下宿代は無料ということに話がなってました。

その代わり成績優秀になってもらい恩返しということを心に決めました。
大人になってから コンサルタントして 企業に利益を出していただくということに
つながるのと似ている体験でした。

今回は 梅田でなんと7時間もだべってました。あっという間に時間が過ぎた感じです。
学校関係の同窓会は何度も参加しましたが 

下宿先の同窓会は 本当の同窓会というか 学校とは人間関係の距離が違いすぎます。
気楽なおもろいメンバーの久々の下宿談義という感じでした。


201302181858_4.jpg


見かけは大分老けたけど
性格 話し方 話すペース 仕事の勧めかた いろいろ全く昔のとおりで 
人って変わらないもんなんだなとつくづく感じました。 

次回は 名古屋で開催と行きたいところです。大家さんも誘って


kiddz2.jpg











2013年02月15日(金)更新

浅草演芸ホールと浅草寺

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

東京に行ったついでに
久しぶりで「浅草演芸ホール」寄りました。 


201302151811_1-300x0.jpg

2時間半ほど落語と漫才 三味線と踊りなどみていたのですが 
(主に落語が多かった)

演じる時間は15分から20分ほど 次々と登場するのですが 
数分聞いていると
あっという間に話に引き込まれる人と 
全く引き込まれない人がいます。

どこが どう違うのか? よくわかりませんが 
とにかくその違いが鮮明です。

腕がいい 悪いという表現がいいのかどうか?わかりませんが 
凄腕の人はあっという間に観客を引き込んでしまうのは間違いないです。

若い 年食っているなどは関係ないです。
言葉が明瞭で聞き取りやすい速さとかは 基本中の基本と思います。

次にネタが的を得ているかどうか? 
興味のあるネタや 思わず笑ってしまうネタが次々と出てくる人とそうでない人と 

他にも違いがあるんでしょうけど 何か違いますね


その後 
初めて 夜の浅草寺を見学しました。


201302151811_2.jpg

201302151811_3-300x0.jpg

201302151811_4.jpg

201302151811_5-300x0.jpg


いつも人ごみの浅草寺を見ていたのですが 夜のライトアップもまたよかったです。 


kidz1.jpg



2013年02月14日(木)更新

ダブルフェイスという漫画 細野不二彦

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。 

「ダブルフェイス」という漫画 細野不二彦さん 

ドラマ化もされ正月に放送されている 

全22巻 

201302141623_1-300x0.jpg

題名のごとく 
2つの顔を持つ主人公が活躍する 

一つの顔は 街金融業のダメ営業マン 春井筆美 
もう一つの顔は 正義の味方 DR.WHOOがいろんな問題を解決する

いずれもマジックを得意とする特徴がある 

いつも道理毎晩寝るときに15分ほど読む習慣があり
一日の終わりの楽しみの時間になってます。 
漫画が軽くていいです。 

前回読んだギャラリーフェイクも細野さんです。


次は テレビドラマ再放送をなんとか見たいです。
香川照之が出ていてすっごい面白いとか? 

kidz1.jpg



次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

バックナンバー

<<  2013年2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

コメント一覧

最新トラックバック

  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ
  • 経営者会報ブログに掲載されました!Part2 from 日本全国、地酒大百科!
    前期に引き続いて、再び経営者会報ブログに質問を掲載していただきました。 【学生・社会人との毎週一問百答】...