大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


2014年八尾高ラグビー現役全国大会大阪府予選試合結果

投稿日時:2014/09/29(月) 11:38rss

こんにちはアイデアを暮らしにスマイルキッズ案内人の原守男です。

9月28日 
摂津高校グランドにて 高校ラグビー全国大会大阪府予選がありました。
八尾高ラグビー部現役の対戦相手は「摂津高校」

試合目の部歌斉唱


201409291212_1-300x0.jpg
人工芝の素晴らしいグランドでした。(6000万かかったという噂)
ラインナウト風景
201409291212_2-300x0.jpg
201409291212_3-300x0.jpg
八尾高得意のモール攻撃

八尾高得意のモール攻撃のトライ3シーン






4本取ったトライの全部がモールからのトライでした。
ボールキープ時間も八尾高の方が長かったのですが
相手の快速ランナー数名に一瞬にして走り回され 
8個のトライを献上しました。
惜しまれるのは タックルがもう少しよければこの試合は勝てていた試合でした。
点数ほど差の開いた試合ではなかった。
22ー56での敗戦

試合見学ベンチ及び試合後の円陣
多くの方の応援 見学ありがとうございました。
この体験が彼らのこれからの人生に大いに役に立つと思います。
201409291212_4-300x0.jpg
201409291212_5-300x0.jpg
201409291212_6-300x0.jpg
201409291212_7-300x0.jpg

来週から新チーム
また 花園目指して頑張って欲しいと思います。

以下
ホンダ幹事長の試合報告
試合前のアップ、チームが闘う顔になっている。
3年だけでなく2年が全員が、公式戦初めての15人制。頼もしさを感じた。 
 
さて、対戦相手の摂津高校。2011年に体育科が新設され(公立4校目)、
近年ラグビー部もめきめき力をつけている。2013年の全国選抜大会では
推薦枠で大阪代表として出場し、1勝をあげている。
グランドは全天候型人工芝(府立高校初)、快晴の秋晴れ。
さあ、八尾高校。15人制としての初めての公式戦、いかにして戦うか!
 
キックオフのホイッスルとともに敵陣22m付近で、八尾モールを組み攻める。
右へ左へ前進するものの、まだ固さがあるのか攻めきれない。
幸先の良いスタートとなった。
ボールが摂津側へこぼれたか?摂津はライン攻撃で素早くバックスへ。
八尾タックルで止めるが、2次3次と攻撃を重ねられ、摂津BKは自陣10mより
ラインの裏へ出て走り抜ける。八尾、追走するが追いつかず先制トライを許す。
前半5分 0-7
摂津BK1トライを奪って固さがとれたか、CTBが見事なステップで八尾ラインの
裏へ抜け、ゴールへ走りぬける。ボディバランスが良い。
前半7分 0-14
八尾はマイボールではモールを組みボールを支配。
決して大きなFWではないが、まとまりが良い。
前進はするが、ゴールが遠いのは体格が小さいことが影響しているか。
こうした中、モールサイドに一瞬隙ができたか、摂津SHに縦横に走られトライされる。
前半13分 0-21
その後、25分まではFW戦で八尾が押し気味にゲームコントロールをする。
1本取れば、勝機が見える試合展開となった。
敵陣22mの攻防、再三モールで左右へ揺さぶり、摂津は防戦一方となる。
摂津陣地で試合が続き、遂に八尾モールを押し込みトライを奪う。
前半26分 7-21
このトライで気勢もあがり、八尾はモールにこだわり攻め続ける。
FWの八尾、BKの摂津、明白な試合運び。八尾は押し気味に試合を支配。
攻防の中、タッチを狙いラインアウトからFW戦へ持ち込もうと、
敵陣奥深く蹴られたキックがタッチを割らず、摂津はBKへ展開。
八尾はキック処理のラインデフェンスがまだ未熟であり、敵陣22mより
一挙に走られトライを許す。
前半29分 7-28
 
後半に入ると5分から試合が動いた。
5分、8分、11分と摂津が走力のあるBKが縦横無尽に自陣から個々の
突破で独走しトライを続けさまに奪う。
後半11分 7-49
点差が開いても、八尾はひたむきにFW戦に挑みモールで押し込む。
ここ一番、ゴールが近づき膠着したモールにBKも加わり全員でプッシュ。
BKと言えど、FWでも長くプレーしたメンバーが密集プレーで力を発揮。
全員でトライ! 後半14分 12-49
その後、またもや摂津BKの個人プレーで1トライを返される。
後半20分 12-56
 
この後に八尾BK、素晴らしいランプレーで40mを突破。
試合は決したが、ここから八尾は粘り強く、ゲームを支配する。
モールが安定し、ボールをこぼさなくなった。
どちらが勝っているのか、と思わせる八尾のアタッキング。
モールで押す、ひたすら押す。崩れてもモールを組み直す、そして押す。
再び摂津ゴール前、
またもや膠着したモールにBKが瞬時に集まり押し切ってトライ。
後半25分 17-56
なおも八尾は攻め続ける。モール、モール、モール。
 
OB連から声が飛ぶ。「最後にトライを取った方が勝ちや!」
 
そんな声は知る由もなく、狐高のラガーはモールでトライにこだわっている。
自分たちのプレーを貫くことしか考えずに、
誇りを持ってただひたすらゴールへ進む、進む、進む。
後半30分 22-56
 
ノーサイドの笛が鳴った。
 
 【観戦補足】
今持てる力を存分に発揮した試合であったように思う。
摂津BKに走られたラインのデフェンスや個々のタックルのスキルは
これからレベルを上げれば良い。
中出先生が常に指導されている「強い気持ちでプレーしろ!」は、
最終戦で概ねできていたように思う。
特に後半最後の10分はしっかりと実践していましたね。
いかがでしょうか?我らに世代にお世話になったFWコーチ、遠矢相談役!
 
【応援者】

阪本会長の号令もあり、多くのOBが応援参戦。
 

やはり、60期代が来ると嬉しいね~
(小生の思いではなく現役の選手達にとって)

選手の保護者さんも20名近く。
3年の八尾高仲間も10名ほど。
100名とはいかないが、50名あまりのアウェーでの大応援団。
 
皆さん、応援ありがとうございました。
 
 
 28期 本田 (観戦記)

 かわちのラガーHP:http://www.yao-kawachino.org/index.html

 
 

トラックバック一覧

コメント


摂津の力を見せつけられた。前へ出るタックルが少なかった。
67期生は、頑張りました。新チームの頑張りに期待したい。

Posted by 小林 孝二 at 2014/09/30 06:34:39 PASS:

摂津の力を見せつけられた。前へ出るタックルが少なかった。
67期生は、頑張りました。新チームの頑張りに期待したい。

Posted by 小林 孝二 at 2014/09/30 06:34:43 PASS:

小林先生書き込みありがとうございます。
また グランドでお会いしましょう!!

Posted by 原守男 at 2014/09/30 09:33:59 PASS:

小林先生書き込みありがとうございます。
また グランドでお会いしましょう!!

Posted by 原守男 at 2014/09/30 09:34:09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
3e6a9510662936bea2419c183d77e6fd.png?1545200223
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1933年ラジオのプラスチック部品製造で創業 1950年 旭電機化成株式会社を設立 1995年 スマイルキッズブランドを展開 2000年 大阪中小企業投資育成株式会社の出資を受ける 

詳細へ

個人プロフィール

1957年 大阪市生まれ 1985年 旭電機化成株式会社 専務取締役 

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 高嶋会長 会長ご就任祝い お食事会 from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 井寄さんは場作り、気配りに掛けては兼ねがね天才の域を 感じていますが、この度も相談があったのは別の食事会の時なのですが 行動がなんせ早くすぐに参加者と会場を手配してくださり 本日の会が開催されました。 この経営者会報ブログでも有名な三元ラセン管工業の高嶋さんがあ 3代目社長を勇退され会長職になられたことをお祝
  • monster beats outlet from monster beats outlet
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • BLACK FRIDAY SPECIALS from BLACK FRIDAY SPECIALS
    DIYショー始まり近し - 旭電機化成 専務取締役 原守男
  • 龍谷大学大阪梅田キャンパス from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    経営者会報ブログの会員さんである旭電機化成の原専務さんが役員をされている 中小企業家同友会オンリーワン研究会の例会が24日にヒルトンプラザウエストオフィスタワーに ある龍谷大学大阪梅田キャンパスで開かれ出席してきました。 龍谷大学との共同研究で商品の開発や技術の開発で成果をあげられている会員さんが 数多くあり、さすが名前の通りのオンリーワン研究会だと言うことを改めて知るいい 機会にな
  • 【人口減少時代を真剣に考える】デフレの正体 from ぱふぅ家のサイバー小物
    「景気の波」を打ち消すほど大きい「人口の波」が、日本経済を洗っているのだ